FC2ブログ

辻村崇の小部屋

こちらは株式会社トミーウォーカー運営のPBW『サイファ』の辻村崇のキャラクターブログです。ブログ内のイラストの使用権は当キャラに著作権は絵師様に全ての権利はトミーウォーカー(株)が所有します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【崇の旅その1】 実家への帰宅

…北海道の風はもう冷たかった

「帰ってきちゃった…」
大きな栗の木が茂った、ちょっと古いけど大きな家。
崇はその家の前で呟いた。
幸せな思い出がたくさん詰まった、ほんの3年前まで住んでいた家。

あの日…10月2日の月からの使者が来た日
誠司お兄ちゃんに引っ張られるように戦場に立った僕は…
怖くなって逃げた。
人が傷つくのを見るのが怖かった…。

いや違う。
あの人が…僕たちが救えなかった彼が「なんで見殺しにしたのか」と言いながら
抗体ゴーストの中からあらわれて襲い掛かってきそうで怖かった。
そう…毎夜、夢に出てくるように…

だから逃げた。
敵前逃亡した。

きっとみんな許してくれないだろう。
誠司お兄ちゃんもあきれたはずだ。

逃げて逃げて…僕はここにたどり着いた。
生まれ故郷のここに。


―日が暮れる。
今日はどこに泊まろう…すでにここに来たというのに僕は迷っていた。

「あら、崇…」
不意に背後からかけられた優しい声に、びくっと背中を震わせる。
ゆっくり振り向く僕にお母さんは言った。
「おかえりなさい。」
涙が止まらず、僕はお母さんに抱き着いて泣いた。
そんな僕をお母さんは黙って抱きしめてくれた…

僕は帰ってきた…
―背後より―

様々な方にご心配をおかけいたしました。
また、ご迷惑をおかけしております。

このお話は、崇が復帰するためのストーリーを書いていくつもりです。

崇が何を思い、何を感じ、そして行動していくか。
それが皆さんへのお手紙の回答になると信じています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://silverraintakashi.blog72.fc2.com/tb.php/81-2c79f808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。