FC2ブログ

辻村崇の小部屋

こちらは株式会社トミーウォーカー運営のPBW『サイファ』の辻村崇のキャラクターブログです。ブログ内のイラストの使用権は当キャラに著作権は絵師様に全ての権利はトミーウォーカー(株)が所有します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【崇の旅その4】そして

誠司お兄ちゃんは言った。
「俺たち能力者は万能じゃない。だから、みんなは救えない」
「それでも、俺たちはこの世界を守りたいと思ったんじゃないのか?」
僕は守りたいと思った。
自分にできることがあるならやりたいと思った。

その夜、誠司お兄ちゃんが帰った後…星が瞬く空を見上げる。
「ねえ、お父さんはどう思う?」
今は亡くなったお父さんに聞いてみたい。そう思った。
いやきっとお父さんなら…
お父さんなら、こう言ったに違いない。
『やり始めたのなら最後までやりぬけ。辛かったらお父さんもお母さんもいるから。
それに、きっと崇の周りにも助けてやりたいと思う仲間がいると思うぞ。』
「そうだよね。僕は一人じゃない。僕にできなくても仲間と一緒なら!」

自分の罪が消えるわけじゃない。
でも僕は、この世界を守りたいと思った。
少しでも多くの人を救いたいと思った。
彼を救えなかったことは、一生涯後悔すると思う。
「ばけもの」と呼ばれたこともきっと忘れない。
その痛みを引きづったとしても、それでも…
「僕は、銀誓館で僕のやりたいことをやり遂げるよ」
誰も殺させない、皆を護ること。
果てしなく理想的でそして無謀だけど…。それが僕の誓いだ。
でも、きっと。
僕の甘さも優しさも知ってそれを叱咤激励してくれる仲間がいるから…。
何より心配してくれる仲間がいてくれたなら。僕はやれる。
理想ではなくても少しでも理想に近づいていくことは無理じゃない。
心は決まった。

それから数日が経った。
僕は帰ってきた。懐かしの花園へと…
入口で深呼吸を一つ
自分の誓いをもう一度心に刻む。
ここからはもう自分を偽らない。誓いを胸に全力で走る。そう決めたから。

崇が立ち尽くしていると
美しい庭から一人の青年が顔を出した…時人お兄ちゃんだ
「おかえり」
なにも言わずそう言ってほほ笑む。
聞きたいことはたくさんあるはずだけど、
いつも通りの言葉をかけてくれることが日常に戻れた気がして、
それがとてもうれしかった。
だから、いつも通り「ただいま」といって笑う。

時人お兄ちゃんは頷いて
「おいしいお菓子があるんだよ。お茶にしよっか」とか言いながら頭をなでてくれる。
「やったー」
いつもの日常が再び始まる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://silverraintakashi.blog72.fc2.com/tb.php/84-46047a1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。